RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
11月編でっすよ、本当に
11月もなんだかんだ色々とやっていたかと。


まずは、3日。
念願の初クラムボンLIVE@両国国技館でした。
以前、labのオレ以外の3人が、オレを置いてけぼりにしてクラムボンを観に行ったことがあり、それをいまだに根に持っています(まぁ、オレは空いてない日だったので仕方ないのだけど…笑)
ベスト盤発売からのツアーのファイナル、しかもクラムボン初のアリーナクラスの会場だったらしいです。
いやぁ、楽しかった!
なんと言うか、凄い『温かい』と思えるLIVEでした。
メンバーの人柄だったり、お客さんとの距離感、肩肘張らない感じ、全部が温かった。
是非また行きたい!


5日は知人の引越しの手伝い。


6日は幕張までサカナクションを観に行ってきましたー。
実は、サカナクションは何曲しか知らない状態だったのだけど、楽しかった!!
思っていたより、サカナクションの曲を知っているんだなとも思ったし(笑
映像、ライティングの演出も凄いカッコよかったし、何より音が凄い良かった!!
幕張メッセがあんなに良い音で鳴るとは思いもしなかったなー。
誘ってもらえて良かった。


そして、7日!
東京国際フォーラムでDEF LEPPARDを観てきました!!
高校のときに知って以来、大好きなバンドです。
このバンド、なかなかCD出さないし、日本に来ない…。
高校のときに『X』というアルバムのツアーで来たのですが、次に来たのが何年か前のWHITESNAKEとのジョイントLIVE。
当然、どちらも観に行きました。
そして、今回も飛びつきました。

当日はちょっとしたハプニングもあったのですが、無事に会場に着いて、それはもう楽しんできました!
LIVE盤にともなうツアーなので、まさにベスト選曲!!
それでも、「あの曲も聴きたかったなー」という思いは出るんですけどね(笑
ちなみに、MCで「明日のLIVEも来るヤツはいるかー?今日と明日ではセットリストを色々と変えるから楽しみにしておけよー!」と言っていたのですが、本当に結構変えてきたみたいでした。
二日間行けていたら最高だったわけです(笑
まぁ、贅沢は言わない。
観れただけでオレは嬉しかったし、楽しかったんだからね!





…よし、長くなったから11月編も終わりにします!!笑
author:岩井 栄詞, category:徒然, 23:28
comments(0), -, - -
11月編でっす

本題の前に思い出したので…


『Sweer November』て映画知ってますか?

何年も前に観て「いい映画だな〜」と思ったわけなのですが、ガイドラインはともかく内容はしっかりと覚えていないのです。
ラストシーンが本当に切ないことだけが凄い印象に残っているのですが…。

それを、ふと思ったのが9月ごろ。
「よし、こうなったら11月に観てやろう!」と思ったわけなのですよ。


…観るの忘れてた

12月中に観ようかと思います。

author:岩井 栄詞, category:-, 23:00
comments(0), -, - -
明日から12月
お久しぶりです。

パーマをかけた岩井エージです。

なので、キャッチコピーを考えました。

『頭の外見も中身もクルクルパー、ヒワイでエッチな岩井エージです』です。

お久しぶりです。



いやぁ、本当に更新率が悪くてスイマセン。
こんなblogでもアクセスが0になることがないのを、ありがたく思います。
毎日はムリでも、もうちょっとマメに更新できるようになりたいです。
あくまでも願望です…。

前回のエントリー以降、色々とありましたよー!(じゃあ、blogを書けよというツッコミは無しでお願いします)


10/15の『すとパフォ』はグランプリには絡めなかったけど、お客さん達の応援でとても得るものが大きかった。
自分達の音楽が伝わったと感じられたし、それを評価してくれた人は確実にいた。
嬉しかったです。
タケカワさんをはじめ、審査員の方々の言葉や、あの経験は糧になる。



10/21には、さいたまスーパーアリーナでSIAM SHADEを観て来ましたよ! 
高校のときのバンドの相方のギターが大好きだったんだけど、オレはあまり聴かず、大学生のときにコピバンを手伝ったのがきっかけで好きになったのです。
つまり、ハマった時には解散していたわけで、今回の復興支援LIVEはかなり行きたかった。
それだけに嬉しかったなー。
1曲目のRAINから鳥肌たったし、あの曲この曲でウルウルしたりと大変でした(笑


活動休止している「ほりぃー&えーじ」が突発的に演奏したのも10月だ。
北浦和Bloody Maryのオープンマイクイベントで、せっかくだから演っちゃうかーってノリで(笑
うん、久々だったし楽しかった。







…11月編も一気に書こうと思ったけど、長くなるからヤメ!笑
author:岩井 栄詞, category:徒然, 17:39
comments(0), -, - -
明日は「ストぱふぉ」本選!
明日は先日予選を抜けたTHE 登竜門 6th『ストぱふぉライブ公開オーディション』の本戦です!

予選での演奏の様子はコチラ↓!!
http://www.youtube.com/watch?v=Xqt7j4tcU1E&feature=player_embedded



さて、本選の詳細は…
10/15 (sat)
市民会館おおみや 大ホール
open11:30/start 12:00 
charge Free!!

1st. (12:00〜) : 夢KANAユニットオーディション
2nd.(13:30〜) : ストぱふぉオーディション

instant signal labは全8アーティスト中最後の8番目、14:40からの演奏予定です。 


このオーディション、審査委員だけでなくお客さんの投票でグランプリを決定するシステムなのです!
13:30までに来場された方に審査用ボールが配布され、それによる投票審査になります。


そう!

オンエア○バトル方式なのです!!


一曲のみの演奏になりますが、普段のLIVEと変わらず全力で音を届けます。

お時間ある方、大宮散歩ついでにでも審査用ボールを受け取ってlabに投げつけに来てください(投げつけるシステムかは未確認w)


それでは、会場でお待ちしています!!
author:岩井 栄詞, category:lab, 16:46
comments(0), -, - -
遅れてきた夏フェス2011

去年の体育の日に開催した、道の駅アグリパークゆめすぎとでの野外LIVEに今年もお誘いいただき参加します。

去年の様子を書いたblogはコチラ


blogに写真を載せてなかったので、写真を紹介!!


こんなステージで…


普通に遊びに来ているお客さんたちに楽しんでもらえるようにと…


この日は、猛暑日か!?てぐらい暑かった記憶があるな。

ステージの向かいにある噴水では…

楽しそうだ

labも負けじと

菊ちゃん、フリスビー!!

そこに颯爽と現れるたのは

ドラマー、ヒロくん!!

肝心のlabのLIVE写真は1枚も無かったことに気付いたー!笑
5月の時の写真ならあるのですが、それはまた雰囲気も違うので別の機会に紹介しますね。


出演は、主催の「MOON POSITION」、superfryのコピーバンド「スーパー平井」、懐メロなどのカバーで楽しませてくれる「アンモナイトclub band」、そして、ツアー中で9日の夜もLIVEがあるのに出演を快諾してくれた大事な友達「FRACTLEAP」となっています。

そんなこんなの『遅れてきた夏フェス@アグリパークゆめすぎと』は道の駅でのFree Liveになりますので、お時間ある方はピクニックついででも、野菜を買いに来るついででも、玉こんにゃくでビール飲みに来るついででも、絶対に楽しいので是非!!


アグリパークゆめすぎと Time Table
12:00-12:50 FRACTLEAP
12:50-13:40 MOON POSITION
13:40-14:30 instant signal lab
14:30-15:20 アンモナイトclub band
15:20-16:10 スーパー平井


それでは、当日アグリパークでお待ちしております!!

author:岩井 栄詞, category:音楽, 10:24
comments(0), -, - -
アコギでサポート!

昨日27日は、北越谷ensemble ASKにて「熊谷英雄ボーカル教室 夕涼み会ミニコンサート」の歌伴演奏をさせていただきました。

参加した生徒さんは、小学生から大人の方までの11名で、全15曲。

ピアノやギターをバックに、各々の練習してきた好きな曲を歌いました。



皆さん、ただ歌うのではなく、ちゃんとお客さんの方を向いて(お客さんのことを考えて)楽しそうに歌っていたと思います。

それが、お客さんの笑顔になって、歌い手である自分の笑顔として返ってきていたのかな、と。


熊谷さんのblogより写真を拝借しましたが、みんないい笑顔でしょ?

とても楽しいイベントでした!


曲目
少年時代 / 井上陽水
All in the Golden Afternoon / Alice in Wonderland
Maybe / ミュージカル『アニー』
Think of Me / 劇団四季『オペラ座の怪人』
Ebony & Ivory / Paul Mccartney & Stevie Wonder
Everyday, カチューシャ / AKB48
君は僕に似ている / See-Saw
恋しくて / UVERworld
Still a Friend of Mine / INCOGNITO
銀河 / MISIA
Ka Nohona Pili Kai / Kealii Reichel
Alone / Heart
NAO / HY
Change the World / Eric Clapton
Oh happy day / 映画『天使にラブソングを2』

author:岩井 栄詞, category:音楽, 11:03
comments(0), -, - -
そうだ、日光へ行こう!(長文)

8月の頭ぐらいから、「滝が見たい」という願望に襲われていたのです。
なぜだか、突然に。

考えてみたら、確かに『The 滝』みたいにちゃんとした滝って見たこと無いなぁと思って、行くなら何所がイイかと探してみたのですよ。

結構、自分はひねくれ者の気もあるので、何か近場でマニアックな滝でもあったらそこに行こうと思ってネットをウロウロしていたのですが、それもどうなのか?と思ってみたり…。
やはり滝の初心者(?)としては、ベタでも間違いの無いものを見てからマニアックなものを知っていくべきなのでは?という感じ。


では、その『ベタな滝』とは??




華厳の滝でしょ!!!!




と、いう訳で日光の滝についてグーグル先生に相談していたところ、このHPを発見。

このHPで紹介されている「明智平展望台から見れる、華厳の滝が中禅寺湖から流れ落ちる姿」の写真にヤられ、生で見たいと思い日光行きを決定!!

日光の滝について調べると、華厳の滝のほかにも、竜頭の滝、霧降の滝、湯滝などが鉄板の滝として紹介されていて、もう全部見たくなりました。


華厳の滝を見に行こうと決めたので、次は行き方。
オレは車を持っていないので、当然ながら電車になります。
調べてみると、最寄のせんげん台から最速だと1時間半ぐらいで行けるとの事!

近いじゃん!!

また、『まるごと日光 東武フリーパス』なるものも発見し、使うことを決定。

よし、何となくイメージ出来たからあとは行くだけーー!!となりました。



んで、15日に行って来ました。


まず、寝坊…。

予定より1時間遅れて家を出発。

快速が無くて(寝坊で乗りはぐって)せんげん台から東武日光駅まで2時間半コース。

東武日光駅に着いた時間が12時過ぎ。

着いたら雨が降り出す。

華厳の滝の到着予想は13時過ぎ。


と、こう書くと散々な感じがするけど個人的には行きの電車から楽しくてワクワクしてました。
iPodは持っていっていたけど使わずに、本を読んだり、外を見ながらまずは電車を楽しみました。

駅から乗った東武バスの運転手も当たりだったのか、観光バスみたいに案内もしてくれたし、「雲の流れからすると、お客さん達が華厳に着くときは雨は止んでると思います。」との嬉しい予想も。

だから、多少の渋滞で時間は掛かったけど退屈しなかった、うん。

意外に知られていないという、般若滝と方等滝というのも知ることが出来たし。


そうこうしていると、目的地である明智平が近づいてきたのだけど、雨は止んだけど天気は曇天…。
あの写真の風景は晴れてなきゃ味わえないよなぁと悩み、今回は明智平は見送って普通に華厳に行こうと決定。

そして、中善寺温泉に到着。

停留所から徒歩5分の場所にあるという華厳の滝にウキウキしながら向かうと…。




おお!



おおお!!



華厳の滝だーー!!!


流れ落ちる音の響きも凄いし、自分が思っていた以上に観瀑台が近くてテンション上がりました。
なんというか、圧倒された感じ。
やはりベタであろうと、間違いの無いものが見たいと華厳の滝を選んでよかった!
さすが日本の名瀑だよ。

そして、テンション上がった勢いそのままに、乗る予定はなかった有料エレベーターの昇降券を購入(笑
530円也。

これは100mだったか下まで行って、滝壺に近い観瀑台から滝が見れるもの。




おお!



おおお!!



いやぁ、滝ってイイね!!!



さて、華厳の滝を堪能した後は次の行き先を考えながらメシでも食べようと周辺をフラフラ。
霧降の滝は、反対方向だから山を降りて行かなきゃいけないから諦めるかとか、メシはやはり湯葉と蕎麦を食いたいとか考えながら歩いていたら…



中禅寺湖。



スワンさんもチラホラと。


のどかだな〜とノンビリしていたら、いい時間。


もう少し上へと行って湯滝と竜頭の滝を見ることに決定。
しかし、バス停に行ってみるとまぁバスが少ない。

こんなとこにオレのリサーチ不足が出ますよね…。
どちらの滝も見に行くと時間的に楽しめない気がしたので、行くのは竜頭の滝だけに決定。

さて、バスの時間までどうしようかな…と。
メシを食べるほどの時間は無い。(まだ昼を食べていない!)
でも、待合室で待っているのも何だかな〜と。


ここに入る時間こそ無いしな…。

てコトで、華厳の滝を見に行きました!!笑


そしてバスの時間になったので出発。





おおお!

小ぢんまりとしてはいるけど、とても落ち着く雰囲気で好きだ!

滝見茶屋で少し休んでから、滝に沿って歩いてきました。



こんな感じで見れるのです。



奥に見えるのが中禅寺湖!



説明もあります。


ここの説明のある橋より上には行けなかったです。





そんなこんなでいい時間。

ここは日帰り入浴やっている温泉があったので(素泊まりでも5000円)入っていくか悩んだけど、今回は見送り、帰ることにしました。



今回の小旅行は、華厳の滝と竜頭の滝の二つしか見れなかったり、メシを食べなかったり、リサーチ不足がもろに出てしまった感じでした。



……

………

いや、違う!
まず寝坊しなきゃよかったんだよ、オレorz

まぁ、それ含めて楽しめた一日だったかと。


また日光に遊びに行こう。



あっ、帰りなのだけど、東武日光駅を出発した電車がそれこそ2〜3分ぐらい走っただけで警笛を鳴らして停車。
何だ?と思っていると、近くの女子大生(?)達が「あ、これ絶対に鹿がぶつかったんだよね〜」と話している。

ホントだったら凄いなと思っているとアナウンスが…


「え〜、ただいま鹿と接触いたしまして、安全確認の為に少々停車させていただいております。」


!!!!!

ホントだった!!!!!


そんな小旅行のラストでした。


駄文を読んでくれてありがとうございました。

author:岩井 栄詞, category:徒然, 13:00
comments(0), -, - -
シリアルナンバー

先日、友達との会話の中でギターのシリアルナンバーの話になったのです。

Fenderは確か違ったけど、Gibsonてシリアルナンバーから製造年月日を割り出せるんです。


ので、オレのLes Paulの製造年月日を割り出すと↓こうなる。
※山野楽器が代理店をしていた時はGibson Fun Club JapanのHPにシリアルナンバーの読み方が掲載されていたんだけど、Gibson Japanが出来て代理店じゃなくなってHPも無くなったからググって調べました。(参考URL→ http://yaplog.jp/tanqueray/archive/268 )


Gibson USA
Les Paul Standard Premium Plus
No.01394370

読み方が…

1桁目、5桁目:製造年の下2桁
2~4桁目:その年の1/1から数えた日にち
6桁目:工場のコードNo.
     0~2:モンタナ工場
     3~9:ナッシュビル工場
7桁目、8桁目:その日の製造通し番号

なので…

製造年:2004
製造日:139日目なので、5/18 火曜日(この年は閏年!)
工場:ナッシュビル
本数:70本目

と、なります。

自分のギターの生い立ち(?)を知るのも面白いものですよね。

author:岩井 栄詞, category:機材, 03:06
comments(0), -, - -
LIVE告知

8月のLIVEです!

---ライトフライト---
8/12 (fri)
北浦和Ayers
open 17:30/start 18:00
charge 1500yen + drink 300yen/door 2000yen + drink 300yen
w/Mis.Sing、Colon bacillus


---instant signal lab---
8/20 (sat)
北浦和Ayers
「BLY 1st. LIVE 〜旅立ちの朝に希望の歌を〜」
open 17:30/start 18:00
charge 1800yen + drink 300yen/door 2300yen + 300yen
w/BLY、THE DANCEMAN SHIP、ANACHRO SPICE!!! HOTCAKE、フラクトリープ


---岩井栄詞---
8/27 (sat)
北越谷ensemble ASK
「JOURNEY MUSIC SCHOOL Vo.科ミニコンサート」
open 未定/start 未定
chaege 1500yen
アコギ伴奏での参加です。


お時間あう方は是非!

チケット予約に関してはコメント、または連絡をください。
当日LIVE HOUSE受付にて「該当バンドを観に来た」と言ってもらえれば予約無しでも前売り扱いになります。

author:岩井 栄詞, category:音楽, 18:49
comments(0), -, - -
MAD VOICE NIGHT

前回のblogで書いたように、MAD VOICE NIGHTにてVocalist 熊谷英雄さんのバックで弾かせていただきました。

熊谷さんは、歌の実力はもちろんのこと、エンターテイメント性あるステージで楽しませてくれます。
後ろでギター弾いている時も目が離せません(笑


セットリストは↓

少年時代 - 井上陽水
紫陽花 - 椿屋四重奏
接吻 - Original Love
Story - AI
手 - くまがいひでお
ふるさと - くまがいひでお
青空に - くまがいひでお
HERO - 甲斐バンド


個人的には『紫陽花』が凄い意外な選曲でした。

『Story』はVocalist 樋渡智美さんとのツインボーカル。
二人のハーモニーはとても気持ちが良かったです。


終わった後、ビール呑みながら話になったのですが、僕と熊谷さんが知り合って10年になるのですよね。
17歳の夏に知り合って、僕は今年で27歳。
あの頃は一緒に演奏できるなんて思ってもいなかったし、今でも一緒に演奏する時はある種の緊張が伴います。
でも、そんなものを飛び越えて"楽しい!"と思わせてくれる熊谷さんは流石だと思います。


さて、今月はlabもライトフライトもLIVEあります。
また告知をさせてもらいますね!
ヨロシクお願いします。

author:岩井 栄詞, category:音楽, 09:27
comments(0), -, - -